住宅ローンの借り換えで損をしないためのパーフェクトガイド

住宅ローンの借り換えで損をしないためのパーフェクトガイド

みなさんは景気の変動によって住宅ローンの金利が上がったり下がったりするということをご存じですか?それぐらいは知っているけれど、詳しいことは良くわからないからそのままにしているとか、面倒だから放りっぱなしにしているなどという人もいます。けれどもそういう人には、敢えてレッドカードを出したいと思います。


それというのも、そもそも住宅ローンは、だいたいの人が20年以上、最長35年もの長期にわたって銀行から借りたお金を返していかなければならい行為です。おおざっぱな言い方ですが、金利は借入額の40%以上にもなるということを意識したことがありますか。仮に分譲マンションや一戸建て住宅を買うために、銀行から3000万円の資金を借りてローンを組んだとしたら、最終的には元本と金利の合計で5000万円ものお金を支払うことになるのです(30年ローンの場合)。仮に銀行の金利が0.1%下がっただけでも、差額は相当なものです。


そこでこのサイトでは、「住宅ローンの借り換えで損をしないためのパーフェクトガイド」と題して、借り換えのためのさまざまなノウハウや事例をご紹介していきます。是非最後までお付き合いください。


住宅ローンの借り換えで損をしないためのパーフェクトガイド

安くできる住宅ローン金利

安くできる住宅ローン金利とはどんなものなのでしょうか。

おトクな住宅ローン借り換え術

おトクな住宅ローン借り換え術について検証していきます。

住宅ローンの借り換えで損をしないためのパーフェクトガイド安くできる住宅ローン金利おトクな住宅ローン借り換え術サイトマップ